« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

春の情報処理技術者試験の発表(2)

6/25(金)に、春の情報処理技術者試験(応用情報技術者試験、高度試験)の合格発表がありました。

受験された皆さん、結果はいかがだったでしょうか?良い結果でありますように。

さて、統計情報によると、受験者数や合格率の推移は以下の通りでした。

続きを読む "春の情報処理技術者試験の発表(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚えたい知識はアウトプットしよう

PRESIDENT別冊(2010 7.1号)からのネタですが。

【問題】

米パデュー大学のカービック博士が、ワシントン大学の学生を4つのグループに分けて、40語のスワヒリ語を覚えてもらう実験を行いました。どのグループも覚えた後で確認のテストを行い、答え合わせと復習をしてから再テストをしています。

このとき、各グループで以下のようにやり方を変えています。

  • グループ1:答え合わせの後で全ての問題を復習し、再テストする
  • グループ2:答え合わせで間違えた問題だけを復習し、全ての問題を再テストする。
  • グループ3:答え合わせの後で全ての問題を復習し、間違えた問題だけ再テストする。
  • グループ4:答え合わせで間違えた問題だけを復習し、再テストする

このときの4グループの成績には、ほとんど差はありませんでした。しかし、一週間後に再々テストを実施したところ、2つのグループの平均点は80/100点だったのに対し、もう2グループの平均点は35/100点と大きく差が開いたそうです。

さて、高得点だった方のグループはどれとどれでしょうか?

続きを読む "覚えたい知識はアウトプットしよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デコピンで記憶力アップ?

6/12に「最先端科学でお悩み解決!タカトシなんでも相談室」というTV番組が放送されました。

最先端の科学を研究している先生方に、研究成果を実験もまじえつつ紹介してもらうという番組なのですが、その中の脳科学の分野では「記憶力を上げる研究」として以下の3つが取り上げられていました。

  1. 刺激や痛み知覚神経を刺激して記憶力アップ
  2. 高速、高音の音楽右脳を刺激して記憶力アップ
  3. 適度な運動前頭葉を刺激して記憶力アップ

研究1.は、カプサイシンをラットに注射して知覚神経を刺激したところ、脳の中で記憶を司る海馬の神経細胞が増加し、実験でも記憶力の向上が認められたそうです。

研究2.は、高音を多く含むモーツァルトの曲を2倍以上の高速で聞くことで、イメージや感性、記憶と関係が深い右脳が活性化し、記憶力アップにつながるというものです。

研究3.は、適度な運動によって前頭葉背外側部の活動が高まることにより、注意力と集中力が向上して記憶力がアップするというものです。

で、これらのうちどれが最も効果があるかを検証するため、10人程度のチーム三組にそれぞれ研究1~3のひとつを試してもらい、その後でテストを実施して成績を比較しました。

研究1のチーム → おろし本ワサビを6分間嗅ぐ+デコピン10発で、鼻と額の知覚神経を刺激する。

研究2のチーム → モーツァルトの曲を普通の速さから、2倍速→4倍速→8倍速→32倍速と速めて聴いていく。

研究3のチーム → 気持ちよくなる程度のサイクリングを行う。

そして、その後のテストでは、各チームの成績は以下のようになりました。

続きを読む "デコピンで記憶力アップ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【読書】ツイッターで日本全国0円旅!

今回紹介する本は、「ツイッターで日本全国0円旅! 」です。著者の土井雪江さん(デジタルハリウッド大学2年生)は、今年の1月31日にTwitterで支援者を探しながら交通費・宿泊費ゼロでの日本一周旅行に挑戦しました。日本以外でやったら遅くとも三日目には消息を絶つこと必至ですが、そこは世界トップクラスの治安を誇る日本のこと。二ヶ月後の3月22日には無事にゴールの東京・中野駅に到着しました。旅行の内容や周囲の反応などについての詳細は、追跡ブログまとめサイトもありますのでご覧ください。

さて旅行そのものは話題のTwitterを利用した企画であったことや、女子大生の挑戦ということが話題を呼んでネットニュースや新聞記事にも取り上げられ、その後もTwitterでフォロワー数が一万人を突破したり、泊めてくれた人の住所をうっかりばらしたり、ブログが炎上したり、とそれなりに注目を集めてきました。

一方で本書の売れ行きはというと、約一ヶ月たった現在もAmazonランキングでは150,000位程度と振るっていない様子です。まあ内容的にもAmazonのカスタマーレビューでも散々言われているとおり「○○に行きました」「△△に泊めてもらいました」「××を食べておいしかった」程度の本当にどこにでもある旅行記で、Twitterとか0円の旅ならではのイベントといったものがあるでもなく、たった二ヶ月で二回りほど大きくなったご本人の変化が一番面白かったなどとも言われていますが、ワキィ個人的には出発点は非常に良い企画だったと思うのに、なんとも勿体無い結果になってしまったもんだと思います。

続きを読む "【読書】ツイッターで日本全国0円旅!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【読書】図解 「孫子の兵法」に学ぶ最強の仕事術

日本人は中国が大好きですね。もちろんドラえもんのパチモンを作ったり、夏に首相がお参りに行くと抗議したりする人たちは嫌いですが、武将と軍師と料理と拳法については話が別です。

熱烈に好き過ぎて三国志の人物を全部女の子にしたアニメエロゲーも出ているようですが、他国から取り入れた文化に自国流のアレンジを加えて新しいものに昇華する日本人の冷やし中華的創造性が感じられてある意味頼もしい気もします。それにしてもうっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃー(神聖モテモテ王国)。

というわけでもないですが、今回紹介するのは「図解 「孫子の兵法」に学ぶ最強の仕事術 」です。「孫子」といえば、三国志と同じように日本人がマンガDSゲームにしちゃうくらい大好きなので今更説明の必要もないと思いますが、念のために概要だけ書きますと、中国春秋時代の孫武、もしくはその子孫の孫臏(そんぴん)が著したという兵法書のことです。で、そこに書かれている戦術、戦略(いわゆる「孫子の兵法」)が含蓄に富んでいて大変素晴らしいということで、ナポレオンから武田信玄に至るまで(狭い?)古今東西の軍略家がお手本にしたとされています。

続きを読む "【読書】図解 「孫子の兵法」に学ぶ最強の仕事術"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »