« 覚えたい知識はアウトプットしよう | トップページ | 【情報処理試験】22年度秋期案内 »

春の情報処理技術者試験の発表(2)

6/25(金)に、春の情報処理技術者試験(応用情報技術者試験、高度試験)の合格発表がありました。

受験された皆さん、結果はいかがだったでしょうか?良い結果でありますように。

さて、統計情報によると、受験者数や合格率の推移は以下の通りでした。

応用情報技術者 … 受験者数41,565人(+1.9%)、合格率20.3%(-1.1%

プロジェクトマネージャ … 受験者数12,463人(+33.0%)、合格率12.9%(+0.2%

データベース … 受験者数13,523人(+13.8%)、合格率15.8%(-0.3%

エンベデッドシステム … 受験者数4,807人(+17.8%)、合格率17.8%(+0.9%

情報セキュリティスペシャリスト … 受験者数19,951人(+11.0%)、合格率15.3%(-3.2%

システム監査技術者 … 受験者数3,534人(+8.0%)、合格率14.3%(+0.4%

括弧内は前回比で、年二回ある応用情報技術者と情報セキュリティは2009年秋期、それ以外は2009年春期との比較になっています。

受験者数は全科目で増加していますが、高度試験、特にプロジェクトマネージャの+33%が凄いです。去年のITProの記事でも、アンケートで営業効果が高い資格の第一位に選ばれていましたし、現在の人気資格ということですね。

同じく人気が高い情報セキュリティスペシャリストも+11%となかなかの伸びを見せていますが、エンベデッドシステムの+17.8%が大きいですね。組込みの技術者は需要が多いらしいので、こちらも最近の注目資格ということでしょうか。ただ実務をされている方からみると、まだ試験問題の内容と実務との乖離が大きいみたいです。

一方、合格率はというと、三科目で減少が見られます。特に情報セキュリティスペシャリストは、流石に前回の合格率(18.5%)が高すぎたので調整が入ったみたいですね。

応用は、新制度からの合格率が26.1%(09春)→21.4%(09秋)→20.3%(10春)と減少の一途を辿っていますが、09春から秋ほどの差はないので、今後は20%前後で安定すると思われます。

制度変更から3回目の試験ということで、そろそろ調整も一段落してきたように見えますが、高度試験はどれも合格率を12~14%程度で調整する意図があるようですので、高度の中で合格率が高いエンベデッドと情報セキュリティスペシャリストは、次回も合格率を下げにくる可能性が高いと思います。ご注意ください?

|

« 覚えたい知識はアウトプットしよう | トップページ | 【情報処理試験】22年度秋期案内 »

学問・資格」カテゴリの記事

情報処理技術者試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/48731549

この記事へのトラックバック一覧です: 春の情報処理技術者試験の発表(2):

« 覚えたい知識はアウトプットしよう | トップページ | 【情報処理試験】22年度秋期案内 »