« 春の情報処理技術者試験の発表 | トップページ | 【読書】図解 「孫子の兵法」に学ぶ最強の仕事術 »

【読書】図解 儲けの秘密 100のカラクリ

こんばんは。相変わらず勉強する時間もとれないほど仕事が忙しいワキィです。当面は勉強日記が無理なので、つなぎとして最近読んだ本の紹介でも書いてみようかと。ということで、今回取り上げるのがこちらの別冊宝島「図解 儲けの秘密 100のカラクリ」です。

表紙を飾っておられる女性は、23歳で公認会計士試験に合格された才女にして、つい最近BS Japanの番組で西村博之さんと仁義なき舌戦を繰り広げて一躍人気者になられた経済評論家の勝間和代先生です。

内容はといいますと、「婚活ビジネス」や「ネコカフェ」などの最新ビジネスから生活保護ピンハネNPO法人などの闇系ビジネスまで、さまざまなビジネスモデルの概要と、ビジネスとして成立する仕組み=「儲けのカラクリ」について解説するというものです。

たとえば婚活ビジネス「儲けのカラクリ」はというと…。

  • 利益率約3割のパーティ収入
  • 5~10万円程度の婚活支援教室や、グッズなどの物販販売で副収入(意外と重要)
  • 近年の「婚活ブーム」で顧客が倍増

このように、ブームに乗りつつ利益率の高い事業を展開し、二次的な収入も狙うという、実に隙のないビジネスモデルです。

その他にも、

  • 洗髪を省き坪単位の売上を向上(激安1000円カット)
  • 在庫を販売促進に活用(ブランド品レンタル)
  • 口コミに頼って広告をカット(韓国格安コスメ)
  • 農協を通さず中間マージン0円を実現(有機栽培農業宅配サービス)

と、いうように、どのビジネスも一見奇抜なようでいて、実際は広告料や在庫費用などのコストを巧妙に抑えて低価格、高利益を実現するという、商売の基本に忠実で非常に理にかなったモデルであるということがわかります。

どれもニッチ狙いの比較的小規模なビジネスなのですが、そこはやはり事業なので、それなりの設備や資本を持っていることが前提なものがほとんどです。そのため、財力もコネもない個人がこれ読んだくらいで一念発起でマネービルを夢見るのは流石に世の中ナメ過ぎだと思いますが、秋のITストラテジスト試験を目指して論文ネタを集めたい方や、泥沼のような不況の中で起死回生の一発逆転を狙う中小企業の社長様が参考にするにはなかなか良い本なのではないでしょうか。

ところで先述の勝間和代先生、表紙で味のあるお顔を露出されているだけでなく、巻頭にて独占インタビューに答えておられます。内容的には「不況の今こそ起業のチャンス」とか「これからはニッチビジネスの時代」など、殊更に目新しい話はないのですが、ニッチビジネスの例として勝間先生御自らプロデュースされたミニ6穴サイズのリファイル手帳(月額980円)をすかさず紹介しにいくあたりに、下手な知識やアイデアなんぞよりこの商魂たくましさこそ金儲けに最も重要な資質なんだなあと感心させられたのでした。

|

« 春の情報処理技術者試験の発表 | トップページ | 【読書】図解 「孫子の兵法」に学ぶ最強の仕事術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/48458468

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】図解 儲けの秘密 100のカラクリ:

« 春の情報処理技術者試験の発表 | トップページ | 【読書】図解 「孫子の兵法」に学ぶ最強の仕事術 »