« 【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる | トップページ | 【情報処理@PM】午前問題の復習(その1) »

【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる(その2)

問3「コミュニケーションの円滑化について」(オリジナル)

プロジェクトで発生が予想されるコミュニケーション上の問題と、その対策や工夫についてです。

で、こんな感じで書いてみました。

○プロジェクトの特徴
大規模プロジェクトのためピーク時の動員数が多い。

○予想されるコミュニケーションの問題
チームの階層を深くしたので連絡事項が行き渡らない可能性がある、週報などでの担当者の報告内容が上に上がる過程で失われる、など。

○問題への対策
連絡事項を読んだかをチェックする仕組みの作成、担当者と直接話を聞く場を設けるなど。

○工夫点
作業効率と両立させるためのグループウェア導入、担当者が話しやすくするための配慮など。

内容は自分で評価できないのでツッコミお待ちしております。

時間は120分フルに使っちゃいました。できれば100分以内に収めたいところですね。

今回から、練習論文を書くときも問題をコピーして使うようにしています。で、問題文や設問にアンダーラインを引いたり、章立てを書き込んだり。午後Iでは昔からやってたんですけどね。

新しい論文対策を考えるにあたり、前回のシスアナ試験で何を失敗したかを考えたのですが、思いつく節はこんなところでした。

  1. 内容が薄い
  2. 字が汚い
  3. 題意に沿っていない

このうち、1.はたぶん無いと思います。事例は論文から集めまくって使いこなせてましたし、理論などもきっちり書いたつもりですので。2.は可能性としてありえますが、それだけで致命的な減点になるとは思えません。

とすると、一番怪しいのは3.。論文試験は時間勝負なので、焦って問われている内容を勘違いしたり、書くべき事項を漏らした可能性があります。それを防ぐには、ちゃんと問題を読んで、重要なところを把握する訓練をすべきだろうと。というわけで、今回から問題文を隅々までチェックするために書き込みを始めたのでした。

模試まであと10日。そろそろ、午後Iの過去問や、前にやった午前問題の復習も始めた方がいいですね。

|

« 【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる | トップページ | 【情報処理@PM】午前問題の復習(その1) »

プロジェクトマネージャ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

情報処理技術者試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/44296014

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる(その2):

« 【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる | トップページ | 【情報処理@PM】午前問題の復習(その1) »