« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

【情報処理@PM】論文の添削結果

おひさしぶりです。試験まであと三週間になった昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先日、TACの宿題論文の添削結果が返ってきました。

[得点]
59/100点(合格水準まであと一歩である)

[総合コメント]
ほとんど合格レベルです。
全体的によく書けていますし、構成も整っています。(中略)答案内容は事実である必要はありません。とにかく要求に合わせて、わかりやすくアピールすることが最優先です。

ほぼ合格にしてはずいぶん辛い点数ですが、シスアナ試験のときよりはましになっていました。

事実である必要がないのはその通りだと思います。ていうか最初から最後まで創作事例ですし。まあ、そういう注意を受けるということは、事例にリアリティが感じられたということでしょうか。いい傾向だと思います。(ポジティブシンキング)

現在、今までやった午前I・II&午後I問題のおさらいや論文書きをやっております。あまりネタがないのですが頑張っております。

そういえば、そろそろ受験票が来ますね。写真撮らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】模試の午後Iの残り

合計:70/100点(70.0%
 問2:34/50点(68.0%
 問3:36/50点(72.0%

60点以上なので合格ラインですが、やっぱりあと一息ですね。

安全圏に行くためには、もう10点は欲しいところです。

そろそろ模試前に止めてた午後Iの演習問題の続きをやらないと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】模試受験記

09:00
試験場の代々木ビジネスセンターに到着。
シスアナのときと比べて受験者は多く、50人近くいたようです。

09:30~10:20
午前I試験(共通知識問題)開始。30問/50分なので、一問につき持ち時間は100秒です。

内容はコンピュータシステム、DB、ネットワーク、経営戦略など色々な分野から満遍なく出題されていました。

基本的な知識問題が多く、あまりマニアックな問題はなかった印象です。

 最初に即答できる問題を解く
  ↓
 計算&考える問題を解く
  ↓
 まとめてマーク
  ↓
 選択内容の見直し
  ↓
 マークの見直し


という毎回のパターン通りのやり方を踏襲。開始30分くらいで全て書ききりました。ちなみに、午前I・IIは途中退出できません。いつも早めに出て休みをとるようにしてるのに。本番もそうだったらどうしよう。

終了と同時に回答が配られ、さっそく答え合わせをしてみたら30問中26問正解86.7%)でした。まあまあですかね。

10:50~11:30
午前II試験(プロジェクトマネージャ専門)開始。25問/40分なので、持ち時間は午前Iより若干少ない(96秒)です。

こんな感じのいかにもプロマネらしい問題が出ました。わりと良問揃いだった印象です。

  • ファンクションポイント法の計算
  • クリティカルパスの短縮
  • ガントチャート、RFP、RAMなどの用語知識
  • チーム育成やブレーンストーミングの適切な方法

考える問題が多くて若干てこずったが、残り10分くらいで見直しまで完了。回答の配布はなしでした。

11:30~12:30
お昼休み。同じ会社の人が受けに来ているはずだが見つからず。気分転換に外に出て歩きまわったりしました。隣の建物ではTOEICの試験をやってたそうで。そのうち受けてみようかな?

12:30~14:00
午後I試験(論述問題)開始。4問中2問を選択します。

あらかじめ以下のような時間配分を設定しました。

  • 12:30~12:35:問題選択 (5分)
  • 12:35~13:15:一問目を解く (40分)
  • 13:15~13:55:二問目を解く (40分)
  • 13:55~14:00:名前などの見直し (5分)

で、問題を一通り見て、設問数が多い(リスク分散)問1と、短くて簡単そうな問4を選択。

実際に解いてみたところ、過去問とよく似た素直な設問が多く、ボリュームも従来と変わらなかったせいか、時間がかなり余りました。結局、13:40までに見直しまで済んでしまったので、午後IIに備えるため回答を出して退室。多めに休みをとることに。

14:30~16:30
午後II試験(論文形式)開始。3問中1問選択です。

問題のテーマは以下のようなものでした。

  • 開発途中の進捗遅延対応
  • 予算の厳しいプロジェクトのコストマネジメント
  • プロジェクト遂行中の体制作りと要員育成

あまり深く考えず、一番やりやすそうな進捗管理の問題を選択。遅れの原因に対する処置や、遅れそのものを回復するための施策、進捗管理の強化などについて論述し、なんとか時間通りに書き終えました。思い返すと「あそこはもう少し書きたかった」と悔いが残るところもありましたが、その悔しさをバネに本番まで腕を磨こうと思います。

16:30~
模範解答を受け取って帰宅。結局、会社の人とは会えずじまいでした。

帰りの電車の中でとりあえず午前II問題だけ答えあわせをしてみたら、25問中22問正解(88%)と意外と好成績でした。(昨日のは書き間違い。すみませぬ)

で、翌日、午後Iの答えあわせをしてみたところ、こんな成績でした。

合計:73/100点(73.0%
 問1:32/50点(64.0%
 問4:41/50点(82.0%

60/100点が合格ラインなので安全圏ではありますが、もう少し取りたかったですね。多少辛めにつけているので、もしかしたらあと5~10点くらいは中間点が入るかも。まあ結果を待つことにします。

というわけで模試は終了。午後I、IIで選択しなかった問題は近いうちに解いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】模試を受けてきた

さっき終わって帰ってきました。

不安な午後IIも、とりあえず最後まで書ききりました。

疲れたので詳細は明日書きますが、とりあえず午前I、IIの自己採点結果をば。

午後I :26/30問(86.7%
午後II:21/25問(84.0%

まあ安全圏は確保ってとこですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】模試前日

前から書いていたとおり、明日はTACの公開模試を受けてきます。今回の模試は、「制度変更でどう変わるか?」というTACの予想が詰まっているはずなので、受ける価値は高いと思われます。

今日は、これまでの復習としてこんなことをしました。

  • 午前の予想問題の見直し
  • 午後Iの過去問H17~19の見直し
  • 午後II論文事例集に目を通しておく

あとは持ち物準備をして早めに寝ます。持っていく物は以下の通りで。

  • 受験票
  • 筆記用具(鉛筆、シャーペン、消しゴム、定規)
  • ドラゴン桜の単行本一冊
  • 栄養ドリンク一本

例によって参考書は重いので持っていきません。ドラゴン桜はお守りに。栄養ドリンクは、午後I試験と午後II試験の間に飲んで疲労を回復します。

まあ模試は模試なので、あまり気負いすぎず本番のシミュレーションくらいのつもりで挑戦してきます。それではまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午後Iの過去問題(H17)

年度:H17年
選択:問1~3

合計:105/120点(87.5%
 問1:38/40点(95.0%
 問2:38/40点(95.0%
 問3:29/40点(72.5%

 問4:34/40点(85.0%

まあ良い点でしたね。問3はちょっと悪かったですが。

模試前の午後Iの復習はこんなものにしておこうと思います。

模試が終わったらあと二年分くらいやってみるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午前問題の復習(その2)

Chapter05「プロジェクトマネジメント」
8/8問

Chapter06「サービスマネジメント」
18/18問

Chapter07「システム戦略」
6/6問

Chapter08「経営戦略」
16/16問

Chapter09「企業と法務」
37/39問

後半は成績がよくなりました。過去に解いた問題ばかりだった(忘れてたけど)ので、完全に思い出したようです。

さて、これで午前問題の復習はひとまず完了。間違えた問題をノートにまとめて、模試(3/15)の直前に見直すことにします。あとは午後I・IIの特訓ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午後Iの過去問題(H18)

年度:H18年
選択:問1~3

合計:103/120点(85.8%
 問1:35/40点(87.5%
 問2:33/40点(82.5%
 問3:35/40点(87.5%

 問4:29/40点(72.5%

前にも解いてるので、H19よりはいいですね。

午後Iの問題を解くときは、必ず問題文を二回読んでから設問を見るようにしています。最初は設問を先に読んでいたのですが、設問に関係する場所だけ探そうとして、さりげなく書かれた重要な記述を見落とすことがあったので。

一回目ではざっと流して読み、以下のように重要な箇所を強調しておきます。

  • 登場人物を○印で囲む
  • 組織名を□印で囲む
  • システム名やサブシステム名の下にラインを引く
  • 「9月から外部設計に~」のような時期に関する記述の下に波線を引く

基本は5W1Hってことで、「どこの誰が、何を、いつしたか/いつまでにするか」をわかりやすくしておきます。それをもとに、二回目でじっくり読みます。設問を読んでから見返すときもかなり役に立ちます。

いろいろな読み方を試しましたが、このやり方が自分にはベストだったようです。

論文を書くときのベストも早く確立したいものですが、とりあえず書きまくって見つけるしかないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午後Iの過去問題(H19)

模試の前に、午後Iの過去問題を3年分だけ解いてみることにしました。

まずは一昨年(H19)の過去問から。参考書に付いてたものでは最新年度です。H20は間に合わなかったようで。講評が出たのが今年の1月だからまぁ仕方ないっすね。

ところで、H19はPMを受験して落ちた因縁の年です。そのときの午後Iは700点で通ってましたが、今回はといいますと…。

続きを読む "【情報処理@PM】午後Iの過去問題(H19)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午前問題の復習(その1)

Chapter01「基礎理論」
29/43問

Chapter02「コンピュータシステム」
75/86問

Chapter03「技術要素」
95/110問

Chapter04「開発技術」
34/37問

成績は一周目とあまり変わらず。同じ問題で間違える傾向が強いです。

とりあえず一通り解いただけでちゃんと解答チェックもしてないから当然ですね。ってことで、二周目からはミスノートを作ることにしました。といっても間違った問題をコピーしてノートに貼り付けてるだけです。詳しい作り方は、このページに「合格ノート」って名前で紹介されてますのでご参考にどうぞ。

論文も書いたりしてますが、まだ100分以内は難しいですね。まあ頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる(その2)

問3「コミュニケーションの円滑化について」(オリジナル)

プロジェクトで発生が予想されるコミュニケーション上の問題と、その対策や工夫についてです。

で、こんな感じで書いてみました。

○プロジェクトの特徴
大規模プロジェクトのためピーク時の動員数が多い。

○予想されるコミュニケーションの問題
チームの階層を深くしたので連絡事項が行き渡らない可能性がある、週報などでの担当者の報告内容が上に上がる過程で失われる、など。

○問題への対策
連絡事項を読んだかをチェックする仕組みの作成、担当者と直接話を聞く場を設けるなど。

○工夫点
作業効率と両立させるためのグループウェア導入、担当者が話しやすくするための配慮など。

内容は自分で評価できないのでツッコミお待ちしております。

時間は120分フルに使っちゃいました。できれば100分以内に収めたいところですね。

続きを読む "【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報処理@PM】午後IIの論文を書いてみる

TACの模試(3/15)まであと二週間。

そろそろ論文慣れしておかなきゃってことで二本書いてみました。

テーマは例によってアイテック予想問題集からですが、どちらも実際の過去問からの抜粋です。

問1「クリティカルパス上の工程における進捗管理について」(H14問1)
問2「オフショア開発で発生する問題について」(H16問2)

二本とも所要時間は120分ぎりぎりで、内容もまだこなれていない感じです。まあシスアナのときと比べて現実の業務と近いから書きやすかったですし、最初から120分で書けたのは上出来といえるかも。

あと、前からやっていた書写のおかげで論文にあわせた事例はすぐに思い浮かびました。オフショア開発なんて現実の仕事ではまったく無縁なテーマでもでっち上げで書けましたし。書写バンザイ。

模試までにあと最低5本は書いて、少なくとも時間切れにはならないようにしたいです。ってことで今週はかなり重要ですね。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »