« 【LPIC@102】ノート作成(第十四章) | トップページ | 【情報処理試験】新制度まとめ(後編) »

【情報処理試験】新制度まとめ(前編)

こんにちは。シスアナに落ちたせいで情報処理試験の卒業が遠のいたワキィです。

おかげで春からの新制度試験を受けるハメになったわけですが、せっかくなので新制度についてまとめてみました。まあ、一応ここを見れば書いてありますけど。

1.試験区分と実施時期

Exam1_2

今回から、4段階のレベルが設定されました。ITパスポート試験(以下「IP試験」)が「レベル1」、基本情報技術者試験(以下「FE試験」)が「レベル2」、応用情報技術者試験(以下「AP試験」)が「レベル3」、高度試験は「レベル4」だそうです。このレベルはそのままITSS(ITスキル標準)と対応するそうです。

旧シスアナおよびプロマネ試験はITSSレベル5相当を想定して出題していたそうですが、今度からはレベル4相当にするそうで。つまり前より資格の価値が下がるってことですねcrying

実施時期も、あまり前と変わっていないようです。レベル3以下は相変わらず春、秋の年二回実施。また、春の「旧情報セキュリティアドミニストレータ試験」と秋の「テクニカルエンジニア試験(情報セキュリティ)」を統合した「情報セキュリティスペシャリスト試験」も、高度で唯一の春秋実施になっています。ねらい目かも。

個人的には、プロジェクトマネージャ試験が秋→春になってくれたことが非常に有難く、おかげで春にプロジェクトマネージャ試験、秋にITストラテジスト試験と、旧制度で落ちた二試験に連続でリベンジできることになりました。

2.試験形式(ITパスポート、基本、応用)

Exam2

Exam3

IP試験は午前/午後がなく、165分の一本勝負です。問題は経営戦略などの「ストラテジ系」、プロジェクトマネジメントなどの「マネジメント系」、基礎理論やコンピュータシステムなどの「テクノロジ系」、の3分野があり、得点が1000点満点中600点以上かつ各分野の得点率が30%以上であることが合格条件だそうです。

FE試験とAP試験は、形式そのものは旧制度とあまり変わらないようです。ただし、出題範囲が微妙に拡大されています。

旧制度 新制度
FE試験 (1分野)
「テクノロジ系」
(2分野)
「テクノロジ系」
「マネジメント系」
AP試験 (2分野)
「テクノロジ系」
「マネジメント系」
(3分野)
「テクノロジ系」
「マネジメント系」
「ストラテジ系」

このように、それぞれ出題分野が一つずつ増えているので、旧制度から勉強していた人は要注意ですね。

(後編に続きます)

ブログランキング
↑クリックしていただけると大変嬉しい(現在27位)

|

« 【LPIC@102】ノート作成(第十四章) | トップページ | 【情報処理試験】新制度まとめ(後編) »

学問・資格」カテゴリの記事

情報処理技術者試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/43565886

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報処理試験】新制度まとめ(前編):

« 【LPIC@102】ノート作成(第十四章) | トップページ | 【情報処理試験】新制度まとめ(後編) »