« 【フォトリーディング】試験への活用(前編)「試験勉強」 | トップページ | 【LPIC@101】勉強再開 »

【フォトリーディング】試験への活用(後編)「試験本番」

今回の更新で、当ブログはついに100記事目を迎えましたsign03

ここまで続けられたのも、皆様のご愛読に支えられてのことだと思います。本当にありがとうございます、とお礼申し上げるとともに、今後もご愛読のほどをよろしくお願い致します。

さて、前編に引き続き、今回は「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」(以下「フォトリーディング」)を試験本番に活用する方法について考えてみたいと思います。

2.試験本番と「フォトリーディング」

まず、【フォトリーディング】ステップ4「活性化」で書いたとおり、「フォトリーディング」には途中で数分〜一晩の休息期間をとるというネックがあるので、時間勝負の試験本番には基本的に不向きだと思います。

また、問題文や設問を不用意に飛ばし読み/斜め読みすると題意の読み違いといった致命的ミスを招くので、試験本番でも基本はやはり「熟読」であり、使いどころが非常に難しいです。

それでも、あえて活用場所を見いだすとしたら、複数問題から選択する場面でしょうか。

例えば、高度情報処理試験の午後試験は、4問中3問(午後I)や3問中1問(午後II)を回答する選択式になっています。このため、試験開始から数分で問題にひととおり目を通し、回答する問題を選択します。このとき、問題文の全部を熟読する時間はないので、やはり飛ばし読み/斜め読みが必要になります。

もちろん、前もって確認するポイントや選択基準を決めておかないとダメですが、これをきちんとやっておけば、苦手な問題にはまって時間を無駄にすることもなくなりますので、非常に重要なテクニックだと思います。

問題選択といえばですが、ワキィは問題用紙が配られたときに解答欄を見て、解答欄が極端に少ない問題を避けるようにしています。解答欄=設問が少ないということは、一つ一つの配点が高く、間違えたときのリスクが大きいということです。逆に、設問が多い問題はその分一つ一つの内容が簡単になりますから、勝率=得点率は高くなります。試験では、簡単な問題をたくさん解くことがコツです。これ、覚えておきましょう。

というわけで、試験本番での「フォトリーディング」の活用法はあまり思いつきませんでした。本には試験に活用して合格したという体験談がいくつも載ってましたが、具体的にどう活用したかは誰も書いていませんでした。セミナーに出れば教えて貰えるのかもしれませんね。

こうして、ちょうど10回かけて取り上げてきた「フォトリーディング」ですが、記事はこれで終わりにします。興味を持たれた方は、本やセミナーでより深く学んでみるのも良いかも知れません。不明なワキィは試験での活用方法をあまり見いだせませんでしたが、もし良い活用法があれば教えていただけると有難いです。

最後に、締めくくりも兼ねまして、ご参考までに「フォトリーディング」に対するワキィの考えを述べさせていただきます。

本では「従来の読み方とは全然違う」というように、しきりに新しさを強調していましたが、このような「目的を持った斜め読み/飛ばし読み」という読み方そのものは、大方の人が昔から自然にやっていることだと思います。フォトリーディングで潜在意識を活用しようと斜め読みは斜め読みで、仮にフォトリーディングのステップを飛ばしたところで、答えを見つけるまでの時間にそれほど大きな違いは出ないでしょう。

また、本の表紙でも「10倍早く本が読める」と謳ってましたが、飛ばし読みなら時間も短くなるのは当たり前で、「10倍早く読める」というより「一回に読む量を10分の1にする」という方が実態に近いと思います。第一、従来の読み方と全く違うなら、速さを比較すること自体が無意味ではないでしょうか。同じ熟読で速さが10倍になったらそれは間違いなく凄いですけどね。

本の監修者(日本にフォトリーディングを広めた)の人も「ある意味、コロンブスの卵」と言っていたとおり、取り立てて新しくもない読書法に”フォトリーディング”という変わったオマジナイを添えて、新しい名前を付けたらハイ画期的な新商品のできあがり、というのが「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」の正体なのでしょう。ちょうど、少し前に流行ったWeb2.0とかLOHASみたいに。

商売のやり方としては上手いと感心しますが、あまり派手な効能を挙げてマイナスイオンみたいにインチキ呼ばわりされないといいですね…と、他人事ながら心配しております。

…10回もやってこんな結論でスミマセンcoldsweats01

ブログランキング
↑クリックしていただけると大変嬉しい(現在33位)

|

« 【フォトリーディング】試験への活用(前編)「試験勉強」 | トップページ | 【LPIC@101】勉強再開 »

フォトリーディング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/43023243

この記事へのトラックバック一覧です: 【フォトリーディング】試験への活用(後編)「試験本番」:

« 【フォトリーディング】試験への活用(前編)「試験勉強」 | トップページ | 【LPIC@101】勉強再開 »