« 【LPIC@101】ノート作成(第四章)(1) | トップページ | 【LPIC@101】ノート作成(第四章)(2) »

【週間SPA!】勉強法の記事

今週号のSPA!に「[大ブームの勉強法]ガチンコ実践報告」という特集記事がありました。

記事によると、最近「勉強法」に関する本の人気が高く、トーハン週間ベストセラー(6月17日調べ)ではビジネス書ランキングのトップ10のうち実に5冊が勉強本というバカ売れぶりだそうです。

この空前の勉強本ブームについて、フリーライターの永江朗さんは、

「”能力はあるのに自分が成功しないのは、ウマい方法を知らないから”という根拠のない確信に支配され、次々に新刊を買うジプシーみたいな人っているじゃないですか」

「OJTがなくなり、”会社が何も教えてくれない!”という若手社員の焦燥が、”自分で勉強しなきゃ”という意識に繋がるのでしょう」

…というように容赦の無い分析をされております。

また、記事を書いたSPA!の編集者さんも、

「本当に効く勉強法があれば、そこら中にスーパーサラリーマンが溢れているはず。しかし、実際はそうそうお目にかかれないわけで」

…と、さりげなくも冷めきった感想をポツリ。

とはいえ、誰しもウマい話があれば乗ってみたいというのが偽らざる本音ですし、人類の文明が「楽していい目を見たい」というモチベーションに支えられて発展してきたのも事実。しかも、その勉強本すら読まずに何冊もの本の上澄みだけすくってエッセンスをいただくという究極の横着企画に興味を持ってしまったワキィはさっそく購入して読んでみたのでした。

特集で紹介されていた勉強法は、次の七種類です。

  1. 「自分をグーグル化」
  2. 「レバレッジ」
  3. 「強化学習」
  4. 「100円ノート整理術」
  5. 「速読術」
  6. 「自分プレゼン術」
  7. 「2週間で勉強本50冊」

1.の「自分をグーグル化」は、具体的には「人と会って情報を得る」「自分が情報を発信する」「ノートPCを常備して情報整理」などだそうで、最後のを除くとワキィのような非社交的人間には辛い感じです。特に、人と会うには週三回のランチミーティングというアイデアについては、実践した記者の人も「いきなりどうしたんですか?」と怪訝な顔をされたとか。とりあえずワキィの場合はメシを一緒に食う友達を作ることが急務といえそうです。

2.の「レバレッジ(=梃子)」は、「少ない時間で最大の効果を発揮する」という謳い文句で頼もしい限りですが、実際には「時間割を作って携帯電話にメールで通知」「部屋の掃除などをして環境をよくする」という地味なものでした。時間割は守れなくてもいいから細かくせよとの教えは「ドラゴン桜」と正反対になりますが、どっちを信じたらいいでしょうか。とにかく、自己を律する人間になれということらしいです。

3.と4.は2.以上に地味なので省略。だって3.の本を音読とか、4.のマイノート作成とか、普通にやってるしー。音読といえば、別の本で「暗記したいことをICレコーダーに吹き込んで繰り返し聞く」というアイデアが紹介されてました。これは声によって効果が大きく変わりそうなので、自分の声を使うより彼氏彼女さんとかに吹き込んでもらうほうが効果が高い気がします。人気声優さんが吹き込んだ歴史の年号語呂合わせ集とか、けっこうバカ売れになりそうな気もするんですがどうでしょうかね。

5.の「速読術」、要は視野を広げて目を速く動かし、単位時間あたりの目に入る情報量を多くするということらしいです。人一倍視野が狭いワキィにこれは難しい。さらに、セミナーが11万するとか、呼吸法とか、なんかオカルト入ってるのも気になります。とはいえ、実は昔、本を買って挑戦してみたことあり(懺悔)。やってみた感想としては、目で追えても頭に入るとは限らないってことですかね。

6.はコンビ芸人・ピン芸人に「プレゼン術」の本を読ませてウケを取るという企画なので、あまり勉強とは関係ないです。結論も、結局どちらもプレゼン術を生かせずにネタがスベって「ビジネスのプレゼンとお笑いは違う」という超当たり前の結論に。企画自体が最初からスベったみたいです。

7.は2週間で50冊の勉強本を読んでレビューするという荒業にチャレンジした編集者さんの体験談ですが、勉強本に頻出するフレーズやキーワードがあること、中には「素人同然のヤツ(編集氏談)」が書いた中身のない本もあるから要注意ということ、マインドマップやプレビュー(本を一通りめくる)は役に立つらしいということなどが書いてあり、一番参考になりました。50冊のうち役立ちそうな本リストもあったので、これは、と思う本は購入してみるのもいいかもです。

ちなみに、前述の勉強本頻出フレーズとは、

  • 勉強は投資
  • 人生・仕事の方程式
  • 守破難
  • SMART法
  • ハインリッヒの法則
  • 私はジムに通ってますが…

だそうです。意味はSPA!を買うかググってみてください。ちなみに「ジムに通う」はまんまの意味です。

というわけで今日はまったく資格と関係ないネタですが、何らかのご参考になれば幸いです。明日からでもできることもあると思いますので、思い立ったらやってみるのもいいかも知れませんね。個人的に、速読法のセミナー(11万)体験談のコメントをお待ちしております。

|

« 【LPIC@101】ノート作成(第四章)(1) | トップページ | 【LPIC@101】ノート作成(第四章)(2) »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

今週号のSPA!の記事はまだ私は読んでいないのですが、友達が面白いと言っていて気になっていました!

ランチミーティングはレバレッジ・・・の本にも載っていた気がします。そうやって人と会って情報を集めたり、人脈を広げるのはカッコイイ雰囲気ですけど、私もワキィさん同様、まずメシを一緒に食う友達を作ることが急務です(笑)

まだ本屋に売っていたら買って全部読んでみますね。

また機会があればこういう勉強法ネタもぜひ書いてください!

投稿: not-passenger | 2008年6月29日 (日) 06時43分

→not-passengerさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
けっこう面白いと思いますので、ぜひSPA!買ってみてくださいね。

ランチミーティングとは違いますが、きのう高校時代の友人と会って夕食してきました。業種は違いますが、同じように前向きに頑張っている相手と話すのは刺激になりますし、ためになる話もたくさん聞けて有意義な時間になりました。
これを毎日昼食にやったら、確かに知的生産性も高まるだろうなーと思いますが、やっぱり敷居が高いですよねcoldsweats01

また何か見つけたら取り上げてみようと思いますので、ぜひ見に来てください。
よろしくお願いしますconfident

投稿: ワキィ | 2008年6月29日 (日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/41667490

この記事へのトラックバック一覧です: 【週間SPA!】勉強法の記事:

« 【LPIC@101】ノート作成(第四章)(1) | トップページ | 【LPIC@101】ノート作成(第四章)(2) »