« LPICレベル1の試験概要 | トップページ | 【LPIC@101】通読(第一章) »

参考書を買ってみた

休みを利用して、さっそくLPICの参考書を買ってきました。

Lpic

Linux 教科書 LPICレベル1 第3版(CD-ROM付) (Linux教科書)

出版社/メーカー:翔泳社
発売日:2007/10/19
メディア:単行本(ソフトカバー)

XMLマスターに比べると人気が高いせいかいろいろな会社から出ているようですが、結局また翔泳社の本にしちゃいました。coldsweats01

レベル1の二科目(117-101、102)に対応していて、模擬試験ソフトのiStudy LEとLinux実習環境が入ったCD-ROM付きです。

iStudy LEはCBT初体験だったXMLマスター試験のときは何度も使ってみましたが、実際に受けてみるとけっこう使用感が違ってました。(本番試験のほうが使い易いくらい)

問題も選択肢の順番は変わるけど、内容は本に載ってるものと同じだったし。なので今回は使わないかも。

Linux実習環境はCentOS 4.3Debian GNU/Linux 3.1VMware Playerで動かすものだそうです。

昔は本の雑誌のCD-ROMについてたLinuxをデュアルブートで動かそうとして、ビデオカードのドライバが合わなくて結局動かず泣いたりしたものですが、便利な世の中になったものですなあ。とりあえず本で一通り学習したら試してみようかな。

さて、明日からはいよいよ本の中身を通読してみようと思います。
簡単そうならとりあえず101だけでも6月末に受験する予定。

|

« LPICレベル1の試験概要 | トップページ | 【LPIC@101】通読(第一章) »

Linux」カテゴリの記事

LPICレベル1」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/41385419

この記事へのトラックバック一覧です: 参考書を買ってみた:

« LPICレベル1の試験概要 | トップページ | 【LPIC@101】通読(第一章) »