« 【情報処理@DB】(6/39) | トップページ | 【情報処理@DB】(8/39) »

【情報処理@DB】(7/39)

(この日記は2007/2/5のmixi日記から転載したものです)

【情報処理試験】~07/02/05

こんにちは。先日、31歳にして美容院デビューを飾ったワキィです。電車男(死語)より遅いデビューて…。

さて、2月に入りましたので計画通り午後I問題の演習を始めました。前回のアプリケーションエンジニア試験ではほとんど解きっぱなしだったのですが、今回はミスの原因分析などを徹底することにしてます。とりあえず何問か解いてみて、こんなことを教訓として得ました。

  • 感覚で解かないで明確な根拠を探す
  • SQLの問題は文法よりも読解力(目的を理解すること)
  • 計算問題は見た目より簡単だから狙い目
  • 候補キーを探す問題はとにかく書き出してみる

あと、午前は過去問をひたすら解いてます。試しに数年前の過去問題を解いてみたら、8割くらい取れました。7割以上が合格圏(※)と言われるので、このくらいの正答率を維持できるよう調整していこうと思います。

週末の図書館通いも始めました。どうしても家だとダラダラしてしまうので、環境を変えて適度に緊張感があると能率が上がります。あと、行き帰りの移動で気持ちが切り替えられるので、そういうところもいいですね。

※午前の合格圏について
午前は最低200点~最高800点で600点以上が合格です。全問×で200点、全問○で800点になるとして、問題の点数が全て同じと仮定すると約67%の正答率で合格になります。 実際は問題の難易度によって配点の差があるため、6割程度で合格することも、その逆もありえます。 なので、そうした変動を差し引いてもほぼ確実に合格する安全圏が7割以上と言われています。

|

« 【情報処理@DB】(6/39) | トップページ | 【情報処理@DB】(8/39) »

データベース(試験)」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

情報処理技術者試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/47558140

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報処理@DB】(7/39):

« 【情報処理@DB】(6/39) | トップページ | 【情報処理@DB】(8/39) »