« 【情報処理@DB】(3/39) | トップページ | 【情報処理@DB】(5/39) »

【情報処理@DB】(4/39)

(この日記は2007/1/22のmixi日記から転載したものです)

【情報処理試験】~07/01/21

前回立てた計画に沿って、午前のノート作りから始めています。

出題範囲となる午前の4分野のうち、3分野まではアプリケーションエンジニアとかぶってます。なので今回は大幅に楽できると思ったのですが、そう甘くはないようで。

今回初めてノートを作る分野「データベース技術」は、なんと出題比率が問題数の50%を占めています。試験区分がデータベースだから当然といえば当然なのですが、要するに前回の勉強は半分しか役に立たないということです。しかも追い討ちをかけるように、その分野の内容がかなり難しい。

例えばデータベースの概念に「テーブルの正規化」というものがあります。これはそれぞれのテーブルで持つ列(項目)の構成を適正化して、データ項目が重複することによる問題を防ぐというものです。この正規化には1~5(+α)の段階があるのですが、例として第3正規形の定義はこんなです。

第3正規形の定義:リレーションRが以下の条件を満たす。

  1. 第2正規形であること
  2. 全ての非キーはいかなる候補キーにも推移的関数従属(※)しないこと

※推移的関数従属
集合Rの属性X、Y、Zについて以下の条件が成立するとき、「ZはXに推移的関数従属している」という。

  1. X→Y(ただし、YはXの部分集合でない)
  2. Y→Xではない
  3. Y→Z(ただし、ZはYの部分集合でない)

ほとんどの方は読み飛ばしたと思いますが、集合などが出てきて完全に数学です。業務ではほとんど四則演算(主に足し算と引き算)しか使ってないというのに。前から「SEにとって大事なのは数学より国語だ」などと偉そうに言ってたワキィですが、本日をもって撤回致します。すみません私が悪うございました。

このように高校時代から数学を怠けてきたワキィには大きな試練となっている午前勉強ですが、なんとか予定通りノート作りを終わらせようと努力(※)しています。でも未だに第5正規形が理解できません。誰か助けてください。ということでまた来週。

※午前ノートの進捗:200頁中 130頁完了(1/22現在)

|

« 【情報処理@DB】(3/39) | トップページ | 【情報処理@DB】(5/39) »

データベース(試験)」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

情報処理技術者試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/47557736

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報処理@DB】(4/39):

« 【情報処理@DB】(3/39) | トップページ | 【情報処理@DB】(5/39) »