« 【情報処理@AE】(13/19) | トップページ | 【情報処理@AE】(14/19) »

【情報処理@AE】(16/19)

(注:この日記は2006/10/12のmixi日記から転載したものです)

「情報処理の勉強(残り3日)」

いよいよ目前に迫ってしまいました。さすがにもう劇的な改善は見込めないので、こんなことをしてます。

  • 午前の問題集から、間違えたことのある問題だけおさらい
  • 午後Iの読解力が落ちないように一日二問くらい解く
  • 午後IIのサブタイトル作成を毎日、論文は三日に一回は書いてみる

ところで、今さらにもホドがありますが情報処理技術者試験センターのHPにあった「ガイドブック(平成18年1月版)」というやつを読んでみました。情報処理技術者試験について、以下のようなことが詳しく書かれています。

情報処理技術者試験の特徴
→試験のメリット、キャリアパスの例示、アジア諸国との相互認証などについてです。(持ってると他国でも評価されるらしい)

試験区分の説明
→各試験の形式や、期待されるスキル標準など。 当然、AE(アプリケーションエンジニア)のことも書いてあります。(P30~36)

採点方式や回答例
→午前はIRTによる採点を行うということや、合格ラインがどのくらいか、などについてです。ちなみにAEの合格ラインは、午前・午後Iが600/800、午後IIがA~Dの4段階で「A」になります。

興味深かったのが、ときどき入っている1ページコラムで、出題者・採点者らしき人が印象に残った出来事とか受験者へのちょっとしたアドバイスを書いてくれています。 例えば、

  • 問題選択の「○」つけ忘れが意外と多い(P52)
  • 問題文からキーワードを探すような「国語の問題」は意識して排除する→言葉を考えて書かせる(P66)
  • 午後IIの質問表はちゃんと読まれるので、論文との矛盾があるとチェックされるらしい(P109)

質問表は、例えばPM(プロジェクトマネージャ)の試験でシステム予算に「わからない」などを選択すると減点なようです。さすがに0点にはならんと思いますが。AEだとどうなんでしょうね。

あと、午前のIRTについて、具体的にどういう基準で採点されてるかは説明がないのですが、ある人が自身や周囲の人の自己採点結果と実際の得点を比較したところによると、正答率6~7割の問題の配点が高く、正答率が高すぎる問題、もしくは低すぎる問題は配点が低い(配点0もある)ようです。

というわけで、AE区分に限らず情報処理技術者試験を受験される方は、余裕があればご一読してみることをオススメします。 (ていうか読んでないのワキィだけ?)


(補足)

H21年の制度変更から高度の午前問題は100点満点の60点合格になりましたが、間違えた問題があってもなぜか100点になったりして(実体験)、実は今でも配点操作をしているらしいです。

午後IIの質問表については全く書かずにAを取った人もいるらしいので、質問表は参考程度の扱いで、採点者によって考慮したりしなかったりするのかも。もちろん書くに越したことはないですけどね。

試験のガイドブック(現在は試験要項ver.1.2)は、いろいろ参考になるので読んでおくことをオススメします。むろん試験一週間前は遅すぎなので、もっと早いうちに読んでおきましょう。

|

« 【情報処理@AE】(13/19) | トップページ | 【情報処理@AE】(14/19) »

アプリケーションエンジニア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

情報処理技術者試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516130/47425576

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報処理@AE】(16/19):

« 【情報処理@AE】(13/19) | トップページ | 【情報処理@AE】(14/19) »